広野運輸 アンカー芯墨出し

墨出しスタッフのぬまっちです

 

今日はアンカー芯墨出しです

鉄骨の柱がこのボルトにナットで固定されて立っています

このボルトの位置がズレると・・・

上部で梁がおさまらなかったり

柱が斜めになったり・・・大変です

そこで、正規の芯はここだよという墨を出していくのです

この墨にならって「台直し」といって、ボルト自体を曲げて

直してく工法と、実測値データを製鉄所側へ送って

ボルトの受け穴自体を、現場に合わせる方法などあります

いずれにしても、この墨がいい加減だと

とても大変なことになるので、超重要な墨出しです

ってか・・・重要ではない墨出しってあまり無いのですが(^_^;)

 

通常は、真ん中のモルタル(まんじゅうってよく言われますね)

には、墨は出さないのですが

たまたま、ここの交点を次の工区の基準にしたかったので

墨を打ってあります

左上と右下のボルトにだけ黄色いビニールテープ巻いてますが

これが、まんじゅうの高さを示すレベルで

これも、私たち墨出し屋が出します

いつも思うのですが・・・

このボルトにはねじ山が当然のように刻まれており

レベルのポイント付け辛いんです・・・

なんか良い方法無いんでしょうかね・・・(^_^;)

 

※画像は全てクリックで拡大&キャプション(説明文)が出ます 

iphone8 Plusで撮影